FC2ブログ
フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也のフィリピン・サリサリ・トーク
『旅の指さし会話帳フィリピン編』などの著者として知られる、フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也がフィリピン語やフィリピンの現代文化について楽しく紹介する、フィリピン・フリークのためのブログ。
プロフィール

白野慎也

Author:白野慎也
フィリピン好きな方、気軽に立ち寄ってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フィリピンの究極?!~信号はsuggestion、判断は自分
*写真上はロハス大通りのマラテ地区、付近の信号。『HINTO(ヒント)』はフィリピノで『止まれ』。写真下は、同地区の車の往来。2005年5月、著者撮影。

もうずい分前の話になりますが、マニラで暮らし始めた頃、1993年7月、何が怖いのって、交通事故が一番怖かったです。当時、確か片道4車線のエドサ通りにも数えるほどしか、信号がなかったんですから。

 治安がどうのこうの言う前に、道路の横断が、命がけでした。何しろ、数少ない信号でさえ、フィリピン人のドライバーは従いません。一挙に3レーン分の車線変更なども当たり前、信号無視も当たり前、ホスピタリティの国フィリピン人が、ハンドルを持つと人が変わってしまうのです。日本では、車の運転が大好きな日本人の方も、フィリピンでは絶対運転したくない、という話を何度聞いたことか。

 それだけ、マニラでの車の運転は熾烈を極めていました。ある日、タクシーの乗った僕は、ドライバーに少し皮肉も込めて言いました。
 『これだけ熾烈な環境で運転できるマニラのタクシードライバーは、世界一の運転テクニックの持ち主じゃないかと思うよ』と。

 運転手は、言葉どおりに受けてニヤッと笑いました。
 私は続けました。
「日本では信号が絶対で、、みんな守るからもっと安全だし・・・・」
 そのとき、彼は私をさえぎりました。
「ちょっと待った。信号はsuggestion(サジェスチョン:提案)で、ジャッジするのは、ドライバー各自だよ。信号を信じてたら、命を落とすよ」

 私はしばしあいた口がふさがりませんでした。それまで私は、信号は絶対で、信号という共通の約束事があるからこそ、日本の道路の横断や、車の運転も比較的安全なのだ、と。
 またしても、フィリピンの、というか、マニラのドライバーの常識を学んで大きなカルチャー・ショックを受けたのでした。

 でも、確かに彼の言うとおり、信号を真に受けていたら、もう私はこの世の中に存在していないでしょう。
 交通警官は増え、信号も増え、歩道橋も増えてマニラは昔よりは、ずい分と安全になりました。しかし、今でも私はアノ言葉『信号はsuggestion』を忘れていませんし、多分一生忘れないでしょう。また、忘れてはならないとも思っています。ですから、マニラ空港の構内から出て道路を目にした瞬間に、心のギアをチェンジするようにしています。

スポンサーサイト
悲しい出来事
今朝、いつもより少しは役目がさめると枕元に真っ二つに割れためがねが・・・うー、何で!
まだ、買ったばかりのふちなしのJOHN LENONのヤツです。私は毎晩、タガログのVCDを再生しながら眠るのですが、めがねをしながら眠り込んでしまうこともしばしば。ちなみに昨日は『冬のソナタ』のタガログ吹き替え版を見てました。まだかって1ヶ月。今度は気をつけないと。
Natulog na ako kagabi habang pinapanood ko ang vcd ng Winter Sonata Tagalog version. Pag gumising na ako may nakita akong basag na salamim. Sayang! Kabibili ko niyan eh! Pero ok lang maibabalik na yung nabasag na salamin na di katulad ng nawalang pag-ibig. Sa susunod iingatan ko ang lahat sa iyo para di maulit yung parehong pagkakamali.
お花でできたケーキ「フラワーパティシエ」
雨はコワ~イ
今日、私の住む東京地方は1日中雨模様でした。みなさんの街ではいかがだったでしょうか? 私の暮らした、フィリピンのマニラでは例年5月から10月が雨季で、ほとんど毎日のように夕立があります。空を見渡すと上空は晴れていてもどこかが曇っています。一度降り出すとバケツをひっくり返したような勢いでおびただしい水がアスファルトの街を叩きつけます。
 『雨音はショパンの調べ』という洋楽をカバーしたおしゃれな訳詩がありました。しかし、フィリピンでの暮らしを経験した私にとっては雨はそんなロマンティックなものでゃなく、恐怖です。今年は日本でも大型台風が何度となく国土を直撃し、多大な被害をもたらしましたが、フィリピンの雨季は、折からの雨に台風も重なって例年ものすごい人的・自然的被害を及ぼしています。
 私が住んでいたマニラ首都圏のマンダルーヨン市も下水道の整備が十分でなく、ちょっとした雨ですぐいえのまえは70~80Cmの水がたまってプールのようになり、濁流の中には大きなゴキブリが泳いでいたりします。
 「ジェシー、ジェシー。雨は大丈夫かい?」 忘れもしない1993年の9月ある夜、私は真夜中の2時ごろ、隣に住む大家さん声で起こされました。「はっきり言って余計なおせっかいで迷惑だなあ」というのが私の第一印象。私はタウンハウスと呼ばれる、小さな1軒屋を借りて住んでいました。普段は寝室のある2階で寝ていたのですが、その日にかぎって1回のソファでウトッとしたまま眠り込んでいたのです。強い雨に離れているので、雨音など気にも留めていませんでした。しかし、大矢さんの声に促されて、目を覚まして周りを見回すと愕然! なんと玄関の40Cm ほどの浸水よけ身にフェンスを超えて雨が1回の今に浸水、私は泥水の海に浮かぶソファの上に取り残されていたのでした。パニックになりました。心配した大家さんが駆けつけてくれてバケツやちりとりを使っての水のかい出しを始めるように私に指示、一向に弱まる見込みのない強い雨を感じながら、必死のかい出し作業で、徹夜となりました。2時過ぎから8時までほぼ6時間、どうなってしまうのかわからない、水の教父との闘いながらの初めての経験でした。今も、雨音を聞くと思い出す光景なのです。
 みなさんにとっては雨は何でしょうか? 生活には欠かせないものですが、度を過ぎると怖いですね。
(写真は、今の水をかき出す私。大分推移が低くなった明け方です。お見苦しい身なりですみません)

20051010011501.jpg


Quiz ka na ba?-10
きょうもまずQuiz ka na ba? からのスタートです。まず昨日の回答ですが、問題1は、フィリピンが約30万K㎡、日本が約38万K㎡で日本の方が広いのです。ちなみに日本から北海道を除いたのがフィリピンの国土総面積だともいえます。問題2ですが、日本は国勢調査、住民基本台帳などの調査で2005年現在、約1億2300万人で間違いありません。一方フィリピンは、数々の統計や国勢調査がありますが、その数字の後には必ず『推定』という2文字がついています。私の見たデータの中では、2005年では最低が8200万人、最高が9000万人というところで、いずれにせよ日本の方がまだ大分多いと言えます。
 このように人口・面積、どちらをとっても日本はフィリピンを上回っているのですが、社会の混沌フリのせいか、多くのフィリピン人は、「フィリピンの方が日本より大きな国で、人口を自分たちの方が多い」と思っているという現状もあります。

 では、本日の出題です。アメリカにとどまらず、日本の食文化もずいぶんとフィリピンに進出してフィリピン人たちの下を楽しませています。下記のファーストフード店やコンビニエンス・ストアで日本にあってフィリピンにないものを1つあげなさい。

A.マクドナルド B.すきや(牛丼チェーン) C.吉野家(牛丼チェーン店) D.シェイキーズ(ピザ)
 E.セブン・イレブン   F.ミニストップ  G.ピザ・ハット

では、みなさんの積極的なご参加をお待ちしています。また明日Quiz ka na ba? でお目にかかりましょう。

1枚の写真から~正直者はソンをする?!
書類やら本が散乱している部屋を掃除していたら、懐かしい写真を見つけました。情熱的できらりと知性の輝く、黒目がちの瞳で見つめるフィリピン美女。彼女の肌を覆うのは一枚のダークブルーのブランケット。うっすらとほほ読みを浮かべる、ほんの少しだけ挑発的なそのショットを見て私の思考は、昨年11月までさかのぼったのです。
 当時私は、オーストラリア人の主催するフィリピーナと出会うための『結婚サイト』のメンバーでした。女性会員はすべてフィリピン人、男性会員はアメリカ・オーストラリア・ヨーロッパ諸国・アジア・アラブ諸国と多彩。日本人は言葉の壁があってか、ほとんど皆無。私はそのサイトにはじめ2003年の11月に会員になり、結局2005年の3月まで会員でした。
 日本にいながらにして、フィリピンの普通の結婚適齢期に女性とチャットができるのは、非常に刺激的なこと。フィリピンの有名スーパー店員や有名銀行・有名ホテルのスタッフ、現役女子学生とのチャットなんて、日本の日常生活では想像だにできません。英語とフィリピン語をこなす日本人の作家というのが、多くのフィリピン人女性会員の興味を引いたようで、チャットの誘いやメールもたくさんもらいました。そして私は取り付かれたようにチャットに興じます。中には初回のチャットで『今学費がなくて困ってるの。スポンサーになって』なんていうスポンサー探し目当ての女性会員も混じっていましたが、なかなか刺激に満ちた毎日でした。
 そして2004年11月、私はAnne(アン)と出会いました。話のテンポのよさと、電話で話したときの甘ーい天使のような声、私はたちまちAnneのとりこになってしまいました。彼女も私と知り合ってすぐ『この人だ』と決めているようでした。初めてチャットしたその日、私たちは、結婚の時期、結婚後の家庭生活(子供の数、子供の教育、日本での彼女の生活)などについて詳細に語り合いました。
 そんなある日、アンが聴きました。あなたは私のほかにチャット相手はいるの? 私は正直に『実は君のほかに2人。全部で3人。君は花嫁候補の一人だよ』と正直に答えました。僕は嘘をつきたくなかったのです。『あっ、そう』彼女は明らかに少し失望した様子で答えました。そしてそれから彼女とのコミュニケーションは途絶えました。そして何の引き合わせか今日彼女からメールをもらいました。同じサイトで知り合った、アメリカ人と今年のクリスマスに結婚するということでした。私は彼女に短い祝福のメールを送りました。彼女からすぐ返事がありました。『あなたは私の運命の人ではなかったけど、それでも私たち友達よね』と彼女。『もちろんさ』と心の涙をこらえて返事を送った私。「三又男に傷つく資格なんてないさ』とも思うんですが、あの時、『チャット相手は君だけだよ』と言っていたら・・・でも『正直は最良の方策』と自分に言い聞かせ、Anneの写真も思い出の彼女たちのアルバムにしまいました。
 いつのなったら独身生活にさよならできるのかわかりませんが、『正直は最良の方策』をモットーにこの世でたった一人の『フィリピン撫子』を探したいと思います。

Quiz ka na ba?-3
new_yubisashi.jpg

TGS_banner

こんにちは。今日もQuiz ka na ba?-3 のコーナーがやって参りました。昨日分の問題は少し難しかったでしょうか? だって原稿のフィリピンで販売されている地図だって正確なものはひとつもなかったくらいですから。時間のある方は、弊著『旅の指さし会話帳(14)フィリピン~第2版』のP22~P23を見ながらご確認下さい。( http://www.admars.co.jp/tgs/yubisashi.htm )
 フィリピンの州は近年、民族自治区を認めたり、他民族同士の州を分けたりで、増える傾向にあります。2005年8月現在、フィリピンには80の州があります。したがって答えはCです。Bの47は日本の都道府県数です。
 地理の問題が続いたので、今日はみなさんの単語力に挑戦させていただきます。単語や熟語を覚えるときに、反対語や同義語を思えるのはきわめて有効な方法です。では問題です。

Anong kasalungat na salita ng "mabuti" (アノン カサルーガットゥ ナ サリタ ナン "マブーティ”:『mabuti(マブーティ:よい)』の反対語は何ですか?)

A.masama  B.maayos  C.Magalang   D.mabait

質問文は、フィリピン人に単語を教わったり、言葉を教えあったりするのに重宝するフレーズなのでぜひ覚えておきたいところです。では、また明日、Quiz ka na ba? でお会いしましょう

ラブラブフィリピン語会話ショートフレーズ集のレビュー
大好評をいただいている『ラブラブフィリピン語会話ショートフレーズ集』シリーズのレビューは下記のURLをご覧下さい。http://www.admars.co.jp/tgs/0509shortphrase.htm

こんにちは。白野慎也です。弊著『ラヴィラヴィフィリピン語会話ショートフレーズ集VOL.2~ただいま恋愛進行中編』がご注文いただけるようになったようですので、取り急ぎお知らせします。『ラヴラヴフィリピン語会話ショートフレーズ集』シリーズは、大好評をいただいている『恋する指さし指さし会話帳(3)フィリピン語編』を完全CD化したシリーズです。『恋する指さし会話帳』のフレーズをほぼ完全にカバーしているのはもちろん、難しいフレーズ、長いフレーズは、短く簡便に書き換え、さらに役立つフレーズを加筆しています。また、各文例は覚えやすいように10語以内に制限しており、日本語→フィリピン語→日本語→フィリピン語と2回ずつ、ゆったりと間隔を取って録音されていますから、聞き流すだけでも基本的な恋愛会話表現を身につけられますし、インターバルに自分で発音練習すればいっそう短期間での学習効果が期待できます。『ラヴラヴフィリピン語会話ショートフレーズ集VOL.1~出会い編』、『ラヴラヴフィリピン語会話ショートフレーズ集VOL.2~ただいま恋愛進行中編』ともに128ページほどのテキストとCD2枚組みのセットで3,500円です。通販限定ですので一般書店では一切お求めいただけません。
お求めは、http://www.admars.co.jp/tgs/ またはお電話:03-5285-0070 までどうぞ。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する