FC2ブログ
フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也のフィリピン・サリサリ・トーク
『旅の指さし会話帳フィリピン編』などの著者として知られる、フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也がフィリピン語やフィリピンの現代文化について楽しく紹介する、フィリピン・フリークのためのブログ。
プロフィール

白野慎也

Author:白野慎也
フィリピン好きな方、気軽に立ち寄ってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『フィリピーナはどこへ行った』発売
 つい2年ほど前まで、日本全国の繁華街と言わず、ちょっとした飲み屋街にはどこでもフィリピン・パブがあふれ、私たちフィリピーナ・フリークに束の間の憩いと癒しを与えてくれていました。
 それが2005年の入管法改正で事実上『技能なきタレント』の入国はきびしく締め付けられ、フィリピンパブは激減。繁華街からフィリピーナの姿が消えました。かつてのフィリピンパブは、インターナショナル・クラブやアルバイト・スナックに転進するなど、必死に生き残りの努力をしています。
 明るくわれわれに元気をくれたタレントは、今どこでどうしているのか? その答えを追いかけて私は昨年、ほぼ3ヶ月にわたってもとタレントたちのその後の人生を追いかけてきました。100人以上に及ぶインタビューの中から、まずマニラの盛り場に第2の人生を見つけた女性たちの今をお伝えします。
 それぞれにたくましく、また涙ぐましく必死に生きる彼女たちの現実がそこにはありました。その模様は、出版元の情報センター出版局のホームページ内のブログ『フィリーナはどこに行ったのか?』でご紹介してきましたが、それが今回みなさんのご支援により単行本化に至った次第です。
 書籍の中では、ブログでは公開されない女性のケースがひとり分加えられたり、私とフィリピンとの極めてプライベートな出会いのエピソードや取材前のセレモニーなども加筆されていてブログとはまた違った趣をかもし出しています。
 288ページの単行本の中に、盛り場に生きる女性以外に、フィリピンでOLになったケース、インターネット・カフェなど起業したケース、スーパーなどで地道に働くケースなど、完全にフィリピン人社会に復帰したケースまで描くことはスペース上できせんでした。
 ですから、今回の本を見て「なぜ白野は盛り場で働く女性しか取材しなかったのか?」と早とちりされないようにお願いします。フィリピン人社会に元気に復帰した姿は、可能なら本書の続編(機会があれば)などでご紹介したいと思っています。
 本書については、早くも「彼女たちのたくましさに思わず涙が出た」「感動した」など、いろいろな反響が寄せられています。
 是非一度手に取って読んでみてください。
 本書のお求めは、私の著書はすべてそろうアドマーズの通信販売が便利です。
→ http://www.admars.co.jp/tgs/
『フィリピーナはどこへ行った』表紙













▼MTV シティカードのお申し込みは、今すぐこちら▼

スポンサーサイト

テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌

ちょっと予告を
先日、予定通り『ラブラブフィリピン語会話ショートフレーズ集』のレコーディングが終了しました、とお伝えしましたが、ページ計算を少し間違えていて、まだ追加収録が必要なことがわかりました。残った収録内容は、シリーズ第3巻の紆余曲折の一部の『別れ』の見開き部分と付録の特別賞として新たに書き下ろした『電話会話フレーズ』です。シリーズに登場する仮想カップルも、結婚・新婚生活に向かって紆余曲折を経ながらドンドンと『関係』を深めつつあります。ご期待下さい。第3巻もきっとみなさまのお役に立てていただけると思います。シリーズ第3巻は、何とか10月中にお届けできるようにと頑張っています。
 ところで、いつも思っていたのですが、今、ステディの彼女がいる方も、いとしの『フィリピン撫子』とすでにご結婚されている方も、口説いて完全に心をつかむまでが、最もフィリピン語学習熱があり、一端彼女の心をつかんでしまっ手から急に学習熱がさめてしまうのが常ではないでしょうか? 本当は結婚してからの生活の方がずっと長く、山あり谷ありで、言葉によるコミュニケーションの重要性も増してくるはずだと思うんですが・・・
 独身男の分際でわかったようなことをいって失礼しました。
 また、取り扱ってほしい出版物やソフトウェアなども教えていただければなるべく形にできるように頑張りますので、お気軽にお寄せ下さい。ではまた。
 私の出版物はこちらでご覧下さい。http://www.admars.co.jp/tgs/

『旅の指さし会話帳⑭フィリピン』全面改訂版、出ました!
みなさん、こんにちは。今日は私の最新刊を紹介をします。多くの方々から指示を頂き、70,000部を売り上げた『旅の指さし会話帳⑭フィリピン』(情報センター出版局)が完全改訂版となって8月の14日頃から全国の大手書店に並び始めました。すでに同著の旧版をお求めになられた方も是非手にとってご覧下さい。第2版もお楽しみいただけると思います。第2版のポイントは、「フィリピンは1つではない」という原点に立ち返って、私自身が3週間フィリピンを旅しながら、タガログ語以外のフィリピン語も紹介した点、収録内容も格段に増やした点などです。また、『指さし』シリーズで初めて芸能界人気スターの生写真収録した点もアピールしておきたいところです。フィリピンのイケメンボーイズやフィリピンなでしこの美しさの一部を観賞していただければとも思います。バイリンガル対応もさらに徹底しましたから、巻末の比日、日比辞書も日本人・フィリピン人両方が使える方式に変更しました。使い勝手を是非体験してみてください。書店でお目と目になれないときはアドマーズの通販が便利です。http://www.admars.co.jp/tgs/
 今回の執筆にご協力いただいた皆様ありがとうございました
new_yubisashi.jpg


新刊発売のご案内
 パライソ誌などを通じて予告させていただいていた『ラヴラヴフィリピン語会話ショートフレーズ集VOL.2』の発行が大変遅れてご迷惑をおかけしていますが、9月12日に正式発売になりましたので取り急ぎ報告いたします。 同著は、弊著『恋する指さし会話帳3フィリピン語編』を完全CD化したもので、『恋する指さし会話帳』で取り上げたフレーズを日本語→フィリピン語の順番で2回繰り返し収録していますので、通勤や車の中などで聞き流すだけでも自然と恋愛フィリピン語会話のフレーズが頭にしみこんでくる、という親切設計になっています。フィリピン語学習はまずショートフレーズからの私の持論を実践したものです。効果のほどはみなさんそれぞれお試しいただければと思います。もちろん収録されたフィリピン語のあとにはインターバルがありますから、いっしょにまねて発音練習すれば効果は計り知れません。出会い→深まり→デート→告白→すったもんだ→プロポーズ→結婚と時間の流れを追って想定される会話を想定して収録してありますから、フィリピン人の恋人がいる方には必ずお役に立てると思います。ちなみに収録されたフレーズのほとんどすべては著者である私本人が実際に使って試したものですから効果は実証済みといえるでしょうか? また、各フレーズは覚えやすいようにすべて10単語以内で制作していますので、まったくフィリピン語の学習経験のない方にはうってつけの教材だと自負しております。
 詳しくは私の出版物を取り扱っているアドマーズのホームページ(http://www.admars.co.jp/tgs/)をご覧下さい。(同著は一般書店では一切手に入りません)

では素晴らしい1日を!
ラブラブフィリピン語会話ショートフレーズVol.1


『ラブラブフィリピン語会話ショートフレーズ集Vol.2』発売のお知らせ


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する