FC2ブログ
フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也のフィリピン・サリサリ・トーク
『旅の指さし会話帳フィリピン編』などの著者として知られる、フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也がフィリピン語やフィリピンの現代文化について楽しく紹介する、フィリピン・フリークのためのブログ。
プロフィール

白野慎也

Author:白野慎也
フィリピン好きな方、気軽に立ち寄ってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「友だちでいましょ」~答えるなあ、この言葉。小さな傷心
"Magkaibigan pa rin tayo."(マグカイビーガン パ リン ターヨ:それでも友だちでいましょうね)。
 ジャニス(仮名)の最後の言葉だった。僕は "O sige."(オ スィゲ:あー、わかったよ)
と返すのがやっとで、力なく受話器を置いた。

 ジャニスは、高校教師を目指す教育専攻の新卒大学生。僕は、例年8月に行われる国家教員試験の結果を聞こうと恐る恐る電話をかけたのだった。

 ジャニスと知り合ったのは昨年の2月。私は、フィリピーナ専門の花嫁探しサイトのメンバーで、そこで彼女と知り合った。当時彼女は高校教師養成過程3年の大学生。ミンダナオ島西部の田舎町に暮らし、隣町の大学に通っていた。いつも学校の課題に熱心に取り組むかたわら、友人でオカマの美容師にかつがれて(?)地元のビューティ・クイーンコンテストに出るのが趣味という一面も持っていた。僕とジャニスは、ヤフーメッセンジャーのチャット・電話、そして時に手紙で交流を深めた。大学4年になってからはよく教育実習の話をしてくれた。今年の5月には実家を訪ねて家族全員と会い、一段と交流は深まった。

 しかし、運命は過酷。結果はインターネットで自分で照会するのだという。不合格。4年にわたる努力にもかかわらず、非常な現実に彼女は動揺し、将来設計が一気に崩れたかのようだった。再受験という言葉は一度も出ず、「修道女になろうかしら」という言葉も出た。敬虔なカトリック信者の彼女の精一杯の冗談だったのかもしれない。

 一時は「試験に合格して1人前の教師になったら、あなたの秘書になって、自分で語学教室も開きたいわ。もちろん日本でね」なんて将来を誓い合ったように感じていた時もあったのだが・・・

 瞳を閉じれば、
"Okey ba ako sa iyo, hon?"(オーケイ バ アコ サ イヨ ハン:僕でいいのかい?)
"Siyempre naman. Bakit hindi?"(シイェムプレ ナマン. バーキットゥ ヒンディ:もちろんよ)
"Salamat, Shinya. Ako nga dapat ang magpasalamat sa Diyos dahil nakilala na kita. Okey din ba ako sa'yo?(サラーマットゥ. アコ ガ ダーパットゥ アン マグパサラーマットゥ サ ジョス ダーヒル ナキラーラ ナ キタ. オーケイ ディン バ アコ サヨ:ありがとう、慎也.私の方が神様に感謝しなくちゃ。だってあなたに知り合えたから。あなたの方こそ私でいいの?)
なんて、二人交わした、甘いやり取りが光の速さで脳裏をスーッとかすめていく。
そんなときの彼女はいつも、涼しい笑顔を浮かべ、教科書を抱えた、りりしい制服姿だ。
 
 そんなときに出た、とどめの言葉。愛している人に最も言ってほしくない、思いやりがありそうで最も残酷な一言「友だちでいましょう」。
 教員試験失敗のショックから来る一時的な動揺なのかはわからないが、僕の心の中にはある喪失感が充満している。独身男の『たった一つの愛』探しの孤独な旅はまだ続きそうだ。『寅さん』のように打たれ強くならなくては。

日比谷花壇【バラ Queen Of Flowers】
スポンサーサイト
電話代節約でプロバイダー乗り換え!
私は今、インターネットは、niftyのADSLを利用しています。以前はYahooでした。それはなぜか? インターネットサービスの違い云々が理由ではありません。インターネットの付帯サービスで利用できるIP電話のフィリピンの通話料金がすごく違うからです。ヤフーのBBフォンでは、フィリピンが1分42円でしたが、ニフティに切り替えると固定電話への通話が22円、携帯へは26円と、大変安くなるとわかったからです。他にもっと安いサービスがあるかもしれませんが、これで大分電話代が節約できました。次は通話完全無料のスカイプの全世界無料通話にチャレンジして見たいと思っています。

ディグナからの手紙(学習バージョン)
本日ご紹介した『ディグナからの手紙』少し学習しやすいように並べ替えてみました。本文と和訳を交互に並べ、最後に語注をもってきた見ました。

To: Jessie,

①Hi! Musta ka na?(ハイ! 元気?)
②Natatandaan mo pa ako? (まだ、私のこと覚えてる?) 
③Ako si "Jinky" (ジンキーよ) 
④Tunay kong name "Digna". (本名はディグナ) 
⑤Nagkakilala tayo sa Japan sa club na "M".(東京のクラブ『M』で私たち知り合ったでしょ) 
⑥Ang lagi kong kasama si Mary Ann.(いつもメリー・アンといっしょだったわ)  
⑦Pasensya na ngayon ko lang ako nakapagsulat.(今まで手紙がかけなくてごめんね)  
⑧Kasi yung calling card na binigay mo sa akin nawala.
(だって、あなたがくれた名刺がなくなっちゃったの)  
⑨Ngayon ko lang nakita.(今頃になってようやく見つけたのよ)  
⑩Kasi lumipat kami ng bahay.(だってね、私たち引越ししたの)  
⑪Yung mama ko, hindi niya alam kung saan nalagay.
(ママがどこに(あなたの名刺を)置いたかわからなくなっちゃって・・・)  
⑫Tinatawagan kita sa cellphone mo noon.(前にもあなたの携帯に電話してたんだ) 
⑬Pero nagpalit ka na yata.(前にもあなたの携帯に電話してたんだ)  
⑭Nagpadala ako ng picture natin para madali mo akong makilala.
( 私が誰かってすぐわかるように私たちの写真を送ったの) 
⑮Musta ka na at pamilya mo? (私が誰かってすぐわかるように私たちの写真を送ったの) 
⑯May asawa ka na ba? (もう奥さんはいるの?) 
⑰Ako Dalaga pa rin.(私はまだ独身よ)  
⑱At hanggang ngayon hindi pa ako nakakaalis papuntang Japan.
(そして今日まで日本に向けて出国できないまま)  
⑲Kasi Napakahirap ng umalis ngayon.(今は本当に出国がすごく難しいの)  
⑳Siguro nagtataka ka kung bakit ako sumulat sayo.
(何で私があなたに手紙を書いたのか、たぶん不思議に思っているでしょうね) 
(21)Kasi nami-miss kita.(だってあなたのことが恋しくて)  
(22)Hindi naman kita matawagan.(あなたに電話することもできないし)  
(23)Kasi hindi ko alam number mo at wala akong cell phone ngayon.
(あなたの番号も知らないし、私は今は携帯もないし)  
(24)Nasira kasi.(壊れちゃったのよ)
(25) Minsan punta ka naman dito sa Pilipinas para magkita naman tayo.
(また会えるように、時にはフィリピンに来て)          
(26)Alam mo lagi ko nga tinitingnan yun picture natin sa Disneyland.
(あのね、いつもディズニーランドで撮った私たちの写真を見ているの
(27)Kaya lagi kitang naaalala.(だからいつもあなたのことを思い出すのよ)
(28)O sige, ingat na lang ikaw lagi ha!(じゃ、いつも気をつけてね)
(29)Kapag may time ka sulatan mo rin ako.(時間があったらあなたも手紙かいてね)
                                   Love,
                                    "Jinky"  or  Digna                                   愛を込めて
                                     ジンキー(ディグナ)

★語注編(人称代名詞:彼、彼女、私、あなたなどは『ラブラブフィリピン語会話ショートフレーズ集』の巻末などをご覧下さい。
①mustaはお馴染みKumusta(クムスタ:元気、ご機嫌いかが?)の省略形。若者がよく使います。 
②natatandaan(ナタタンダアン:覚えている)、PA(パ:まだ) ④tunay(トゥーナイ:ほんとうの)
⑤nagkakilala(ナグカキラーラ:知り合った)、sa(サ:~で) ⑥lagi(ラーギ:いつも)、kasama(カサーマ:仲間・連れ) ⑦Pasensya na(パセンシャ ナ:ごめんね) ⑧ngayon lang(ガヨン ラン:今はじめて)、NAKAPAGSULAT(ナカパグスーラットゥ:手紙がかけた) ⑨Kasi(カスィ:だって・なぜなら)、nakita(ナキータ:見た・見つけた) ⑩lumipat(ルミパットゥ:引っ越した)、bahay(バーハイ:家) ⑪YUNG(ユン:話し言葉で「ang」の代わりに使ったり、単に語調を整えたりするのに使う)、alam(アラム:知っている)、kung saan(クン サアン:どこに~したか)、nalagay(ナラガイ:置いた) ⑫tinatawagan(ティナタワーガン:電話している)、cellphone(セルフォーン:携帯電話)、noon(ノオン:以前、かつて) ⑬pero(ペーロ:しかし)、nagpalit(ナグパリットゥ:交換した)、na(ナ:もう)、yata(ヤータ:ようだ、らしい) ⑭nagpadala(ナグパダラ:(人を介して)送った)、para(パーラ:~するために)、madali(マダリ:容易に)、makilala(誰だかわかる、人を見知っている) ⑮at(アットゥ:そして)、pamilya(パミリャ:家族) 
⑯May ~ ka na ba? (マイ~カ ナ バ:もう~はいますか?)はそのまま覚えるべき慣用表現ですね。⑰dalaga(ダラーガ:独身女性)、pa rin(パ リン:依然として) ⑱hanggang ngayon(ハンガン ガヨン:今日まで)、hindi(ヒンディ:~でない)、nakakaalis(ナカーカアリス:出発できない)、papuntang~(パプンタン~:~に向けて) ⑲NAPAKAHIRAP(ナパカヒーラップ:非常に難しい)、umalis(ウマリス:出発する) ⑳siguro(スィグーロ:たぶん)、nagtataka(ナグタタカ:驚いている) kung bakit~(クン バーキットゥ~:なぜ~か)、sumulat(手紙を書いた)、sayo(サヨ:あなたに) (21)nami-miss kita(ナミミス キタ:あなたが恋しい) (22)matawagan(マタワーガン:電話することができる) (23)Wala akong~(ワラ アコン~:私は~をもっていない)の基本パターンとして覚えこんでしまいましょう。 (24)nasira(ナスィラ:こわれた)
(25)minsan(ミンサン:時には)、punta(プンタ:行く)、dito(デイート:ここ)、Pilipinas(ピリピーナス:フィリピン)、para(パーラ:~するために)、magkita(マグキータ:会う) (26)alam mo(アラム モ:あのね)、tinitingnan(ティニティンナン:見ている) (27)kaya(カヤ:だから)、naaalala(ナアアラーラ:思い出す、覚えている)(28)O sige(オ スィゲ:じゃ)Ingat na lang ikaw=Ingat ka na lang(イガットゥ ナ ラン イカウ=イガットゥ カ ナ ラン:気をつけて)*後者の方がよく使います。ha(ハ:念押し) (29)kapag(カパグ:~のとき)、sulatan(スラータン:(手紙を)書く)、rin(リン:~もまた)

懐かしいあの子からの手紙
「ディグナっていうコから手紙が来てるけど、知ってる?」と、私の著作物の制作・発売元のアドマーズ社の社長からの自宅への突然の電話。ウーン、覚えてないなぁ。どこで知り合ったコだろう? 友だちや彼女なら、自宅や携帯に連絡があるはずなんだけどなぁ。だけど誰だか知りたい。それで私は社長に頼みました。「ちょっと封筒を開けて手紙を音読してくれない?」。「おれタガログできないよ」と社長。「ローマ字読みでいいから読んでみて」と私。「しかたないなあ」というわけで、たどたどしく社長が手紙を読んでくれるうちに、何人かのフィリピーナの顔が脳裏をよぎるのですが、特定できません。そんな時、「あれ、写真が入ってるぞ。これは誰がどう見ても東京ディズニーランドのシンデレラ城の前で取った写真だな」と社長の一言。これが決めてだった。どの店でどんな状況で出会ったコかが一気に判明。タガログ語の生徒さんに何度も誘われていっしょに行ったフィリピン・パブで「一目会ったその日からお互い感じ合ってしまったあのコ」なのでした。わかりやすい内容なのでそのまま明日のブログで公開します。遠距離恋愛で苦労している方々に手紙のサンプルとして参考にしていただければ幸いです。ではまた明日。

どうなるノース?
こんにちは。白野です。ご存知の方も多いと思いますが、東京、名古屋などからマニラ直行便を就航しているノースウェスト航空が先日破産法を申請しました。私が知っている限りでも2回目の破産です。毎年の渡比の際、いつも東京からの夜の便を利用しているので今後の動向が気になります。まあ、会社が破産しているのに今のところ何事もなかったように飛行機が飛んでいると言うのが少し理解できないところですが。
 毎日の積み重ねが大切と、少しでも早く得点旅行をゲットするため『すべての買い物はマニラに通ず』をモットーにクレジットカードが利用可能なあらゆる状況でシティ&ノースウェストのマイカードを使っています。おにぎり1個、1マイルをためるためにもクレジットカードを使うほど一生懸命マイルをためております。一利用者として会社の存続、マイレージサービスの存続を切に祈っております。

(思い出にしたくないノースウェスト航空)
 ★今度こそボランティア
ノースウェストと言えば、ダブルブッキング、体格のいいスチュワーデス、必要最低限のサービス、なかよくなればスチュワーデスがすぐフリーマイルチケットをくれることなどをよく思い出します。ダブルブッキング、そういくつかの席に2人以上の予約を入れることですね。私の経験では、1度のフライトで20件以上のダブルブッキングを行っているのは日常茶飯事でした。そこで笑ってしまったのは、『搭乗の権利を放棄するボランティア』を募集する放送でした。いつもこんなボランティアもあるんだなと感心したものです。名乗り出た応募者には、翌日の同じ便に搭乗でいる権利はもちろん、その日のホテルとアジア路線のfree flight ticketが与えられるのでした。いつもぎりぎりのスケジュールなので一度もトライしたことはありませんが、ボランティア活動には人一倍関心があるので、今度チャンスがあったら是非ノースウェスト主催の『ボランティア活動』にも参加したいと思っています。
★ノースウェストのスチュワーデスは体力で選ばれている~頑張れ飛行機の中のバッファロー
「ノースウェストのスチュワーデスは体力で選ばれている」というのは、多くの方が指摘されていますが、私もその通りだと思います。そしてもうひとつ、エコノミーの乗客とビジネス以上の乗客には接し方も明らかに違うのがわかります。
 今から5年ほど前、トイレから席に戻ろうとした私は、スチュワーデスがものすごい勢いで逆進してくるのに気づき、狭いエコノミーの通路で目一杯よけたのですが、よけきれずバッファローのようなよく超えたスチュワーデスと接触し、突き飛ばされて知るもちをついたのです。僕はとっさに"Sorry miss."と言いましたが、彼女は一言も口を利かず、刺すような視線で私の一瞬にらみつけ足早に立ち去りました。さすがにちょっとむっとしましたが、これもまた、ノースの魅力、ハイジャック犯が現れても体をはって乗客を守ってくれるだろうと思い直しました。そんな意味で頑張ってほしいノースウェスト航空。少なくとも今の手持ちのマイルが利用できるまでは。

YACHANGから電話をもらいました
今日昼過ぎ、フィリピンから突然電話を受けました。相手は、知る人ぞ知るフィリピンで大人気の日本人コメディアンのヤチャンでした。今回フィリピンの芸能界の紹介ページでキーパーソンを紹介してもらったり、なんと6ヶ月でフィリピン語をものにしたコツのアドバイスなどで、3回お目にかかり、弊著『旅の指さし会話帳⑭フィリピン』第2版の執筆に当たって大変お世話になったのです。7月にはNHKの『英語でしゃべらナイト』にもゲスト出演しているのでそこでご覧になった方もいるかもしれません。フィリピン語を6ヶ月で・・・その秘訣は弊著『旅の指さし会話帳⑭フィリピン』第2版のP83をご覧下さい。ヤチャンに会いたい方は・・・http://yachang.ph
を尋ねてみてください。そのYACHANGが出たばかりの私の本『旅の指さし会話帳14フィリピン』をすごく気に入ってくれて、100冊買う、と言うことでした。
 「日本人がフィリピン人をフィリピン語で笑わせる」。すごいことだと思いませんか? フィリピン芸能界の日本代表「ヤチャン」に応援のエールを送りながら今日はお別れしたいと思います。


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。