FC2ブログ
フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也のフィリピン・サリサリ・トーク
『旅の指さし会話帳フィリピン編』などの著者として知られる、フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也がフィリピン語やフィリピンの現代文化について楽しく紹介する、フィリピン・フリークのためのブログ。
プロフィール

白野慎也

Author:白野慎也
フィリピン好きな方、気軽に立ち寄ってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

青年海外協力隊40年~フィリピンで活動した1隊員の活動の足跡
*写真は1991年の噴火でお馴染みのピナツボ山麗に暮らす、少数民族アエタ族の子供たち。火山灰で足は真っ白(本文とは関係ありません)

 青年海外協力隊が発足してから今年で40年。その成果や援助のあり方をめぐっていろいろな議論はありますが、日本の若者に、第3世界を体感する貴重な機会を与えてきたことに、異論をさしはさむ余地はないと思います。

 今日は、そんな協力隊の、フィリピンでの山岳部族対象の人口抑制プラン、すなわち家族計画プランの指導に従事した隊員Qさんのエピソードをご紹介します。

 フィリピンでも、文明の恩恵を被っていない山岳民族が存在し、中央政府との交渉もほとんどありません。当然彼らはフィリピン語とは違った独自の言葉と文化・信仰を持っています。そんな土地で、彼はまずコンドームの普及を手っ取り早い方法として試そうとしたのでした。

 住民を実験台にして実演するわけではないですから、始めはコンドームを木の枝に差し込んでデモンストレーションを行いました。数ヶ月して、ある村人が不機嫌な顔で彼の元を訪れていいました。

「君の言うとおり、コンドームを家の近くの木につけて使ったのに、女房は妊娠したぞ」
その言葉に、隊員Qさんは愕然。急遽村人を集めて、今度は自らの指にコンドームをはめて、不自由な言葉で、一生懸命に使い方を説明。

 しかし、数ヵ月後、またしても別の村人が、憮然とした表情で彼の元を訪れていいました。

「お前の言う通り、コンドームを指につけて使ったのに、妻は妊娠したぞ」
その言葉に、隊員Qさんはまた愕然。再度、急遽村人を集めて、改めてはめるべき場所を何度も力説。自然物崇拝の強いその村では、『男性のあそこにかぶせる』ということがいくら言葉で説明してもわかってもらえなかったのでした。

 これを機に、Qさんは、村人の各家を個別に訪問して個別に指導し、家の主人が拒めば、自ら実験台となり、文字通り身を呈して、コンドームの装着法を指導し、最終的には一定の成果を収めたということです。

 文明世界との接触のない山岳自治区での活動。頭ではわかっていたつもりですが、『フィリピンはひとつじゃない』と、再認識させられたエピソードでした。
スポンサーサイト
タクシーは恐怖を載せて走る
マニラなどフィリピン都市部でタクシーに乗るとき、みなさんは、どんな気持ちでしょうか? ちょっとドキドキしませんか? 私がボランティア活動でマニラに住み始めた1993年当時、『タクシーに乗ること』=『恐怖』でした。当時、日本で販売されていたタガログ語の参考書30冊ほどを読破し、乗り込んだマニラでの生活だったものの、本場の乗りは、不完全な文法知識や、フィリピンパブ会話が多少できるくらいでついていけるものではありませんでした。中でも、タクシーに乗るたび、どう見ても日本人にしか見えない私の外見と、下手なタガログ語で外国人であることをすぐ見抜かれてしまうのです。外国人=カモ、という悪しき方程式がいまだに蔓延しているフィリピンのタクシー業界では、フィリピン語が不完全なよそ者外国人が、まずメーターを使わせることから始まり、行き場所をきちんと伝え、遠回りなどインチキされずに目的地にたどり着くことは容易ではありません。ちょっとボラれるくらいならまだしも、天国へのドライブにもなりかねません。
 やはり言葉に自身がなかったら、夜に1人でタクシーに乗るのは控えた方がよいでしょう。なるべくグループで、現地の本当の事情通の方がいっしょなら心強いでしょう。一人で乗ったときもなるべく現地の事情通を装うべきでしょう。
 フィリピン語が心もとない多くの日本人にとって、『タクシーは恐怖を載せて走る』乗り物なのです。
日比ファミリーの子女教育問題
私も近い将来、フィリピン人の奥さんをもらって、神様から愛の結晶として子供を授かり、日比ファミリーの主となることを願っております。身の回りの日比ファミリーで明らかに問題になっていることのひとつが、『子供たちの教育問題』です。特に日本で暮らす場合、お母さんは、言葉の問題であまり力になれません。そしてフィリピン人の多くが『算数』がとっても苦手です。ですから、子供たちは小学校レベルですでに国語、算数で一般の日本人家庭より取得が遅れがちになっているように見受けられます。子供たちが、きちんと学校の勉強についていけている家庭では、ほとんど例外なくお父さんが子供の勉強をよく見るだけでなく、塾通いをさせるなど、お父さんの頑張りが目立ちます。
 そんなことを思いながら、今から気を引き締めている脱独身志願の中年独身男の私なのでした。
 先輩カップルのみなさんのご家庭ではいかがでしょうか?
ID社会フィリピン
今日は、日頃フィリピンの最新情報を届けてくれる現地アシスタントに謝礼を支払いにメトロバンクの東京支店に行ってきました。確か100万円までの(私はそんな大金を送金することはないので上限は確かめていません)振込みまで受け付けていて手数料は2,000円です。アシスタントはセブ市内の大学2年の女子大生です。メトロバンクの東京支店から振り込んで、相手が口座を持っている場合、窓口職員が送金処理をしたその瞬間にお金が受け取れます。相手が口座を持っていない場合、over the counterといって、ID(身分証明書の類)を持ってカウンターの取りに行きます。マニラ首都圏なら1日、地方なら2日で相手が受け取りたい支店に届きます。ご存知の方も多いかと思いますが、フィリピンは本当にID社会です。オフィスワーカーから空港の清掃係まで首からIDをぶら下げています。それだけセキュリティに気を配らなければいけないのでしょう。私もフィリピンに述べ4年以上滞在していますが、渡航するたびに『安全は努力して手に入れるもの』と入国時にはいつも気を引き締めなおしています。話がそれましたが、送金した相手がお金を受け取るとき、当人が携帯電話を持っていれば携帯電話宛にテキスト(携帯電話番号を使ったメールのようなコミュニケーション)で「お金が着きました」という連絡が来て銀行に取りに行くわけです。その時もIDは必携。以前はIDは1つでよかったのですが、それが前回は2つ必要だと言われ、今回は最近厳しくなって3種類のIDを提示しないと送金相手はお金を受け取れないと言うのです。前日、IDのことでは送金相手と話しをして「学生証」と「出生証明書」の2つしかないことがわかっていたので、なんとかその2つで受け取れるようにしてくれと掛け合いましたがラチがあきません。そんなところに古株の顔見知りの職員が通りかかったので呼びとめ、事情を話したところ「今回は2つのIDで受け取れるようにしましょう」とあっさり決着。いやーフィリピンでは、縁やコネが生活のいろいろなレベルでモノを言うのです。そもそも1つのIDでは用が足りないと言うのではIDとは言えないような気もしますが。1つより2つ、2つより3つIDを持っていたほうが本人である可能性が高いと言うところでしょうか。・・・いやそうなんです。メトロバンクの中はもう日本ではないのです。ID社会、されど・・・まあ、いいか? Bahala na(バハーラ・ナ:何とかなるさ)


ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する