FC2ブログ
フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也のフィリピン・サリサリ・トーク
『旅の指さし会話帳フィリピン編』などの著者として知られる、フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也がフィリピン語やフィリピンの現代文化について楽しく紹介する、フィリピン・フリークのためのブログ。
プロフィール

白野慎也

Author:白野慎也
フィリピン好きな方、気軽に立ち寄ってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一味違ったフィリピン人のデリカシー~ちょっと『オシ○コ』してくるわ
*ビューティー・クウィーンの君も? やっぱり「ちょっとオシ○コ・・・」と言うのかな?(ミンダナオ東北西部、北サンボアンガ州の小さな町のビューティー・クウィーン)

 私がフィリピン人と接していて、よく日比のデリカシーの違いに遭遇します。
いっしょに話をしていたり、食事をしているときに、うら若いフィリピーナが、「ちょっとオシ○コしてくるから待ってて」といって中座するのです。日本人の女性なら、「ちょっと化粧室へ」、あるいは、まったくそんなことには触れずに「ちょっと用があるから少し失礼します」など、遠まわしな表現をすると思うのです。
 わざわざ「食事の席を中座して、『オシ○コ』はないようなあ。男ならまだしも、若い娘なのに色気ないなあ。ちょっとデリカシーが違うんだよなあ」とまだフィリピーナ慣れしていない頃は違和感を感じたものです。

 最近は、ずい分と慣れて、「ちょっと『オシ○コ』・・・」と言われたら、「どうぞごゆっくり、オシ○コでも『ウ○○』でもご遠慮なく」なんて、われながら下品だなあと思うようなことを平気で口にしてしまいます。そんなときも、たしなみ深い『フィリピン撫子』たちは、ちょっと怒ったような顔をして、「ウ○○なんかじゃないわよ」と、またこちらが言ったことを復唱しながら反論してくるので、思わず笑ってしまいます。

 デリカシーの違いと言えば、おトイレ関係のことだけではありません。今でも不思議に思っているのは、「ハクション」とくしゃみをしたあとで、まわりに誰もいなくても、"Excuse me."と言っているのです。くしゃみがとまらないときなどは、特に滑稽です。「ハクション、エクスキューズ・ミー。ハクション、エクスキューズ・ミー。ハクション、エクスキューズ・ミー・・・」の一人芝居が延々と続くのです。本人には気の毒ですが、私は誰もいない事務所の入り口で彼女に気づかれないように観察しながら、笑いをこらえるのに必死でした。

 フィリピン人の彼女(彼氏)や配偶者のいるみなさん、これからの長~いお付き合いの中で、デリカシーや文化の違いなど『不思議探し』とその発見は、大きな楽しみの一つになると思いますよ。

 みなさんは、フィリピン人の彼女や彼のどんな不思議を発見しましたか?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
科学・医学・技術
科学・医学・技術を探すなら http://www.bigwatersrealty.com/200162/101281/
【2008/09/21 18:47】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://irashinya5254.blog28.fc2.com/tb.php/102-f8a543b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。