FC2ブログ
フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也のフィリピン・サリサリ・トーク
『旅の指さし会話帳フィリピン編』などの著者として知られる、フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也がフィリピン語やフィリピンの現代文化について楽しく紹介する、フィリピン・フリークのためのブログ。
プロフィール

白野慎也

Author:白野慎也
フィリピン好きな方、気軽に立ち寄ってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンの薬~効きすぎちゃっていいの? いいんでしょう、たぶん
*写真はTuseran(トゥーセラン:左)と、風邪の万能薬Neozep(ネオセップ:右)

 常夏の国フィリピンにも、国土の大部分には2つの季節がある。雨季と乾季だ。マニラの場合例年、6月から10月(場合によっては5月から11月)までが雨季。雨季には、晴れわたっているかと思っても、毎日のように、青天の霹靂とばかりに、スコールがやってくる。それだけに雨季にはかさは必携品だ。雨には慣れているはずのマニラっ子なのでが、異常なばかりに濡れることを嫌う。私は始め不思議でしょうがなかったのだが、すぐその理由がすぐわかった。

 つまり、雨にぬれると、なぜかすぐに風邪を引いてしまう。風邪を引くと薬代がかかるのだ。これは私の勝手な結論だが、私にはピッタリ当てはまる。

 私は、雨に打たれることはあまり気にしない方なのだが、マニラで雨に打たれると、なぜかすぐに風邪を引く。風邪を引くと、ちょっとやそっとでは収まらず、毎回のように40度の熱を出し、咳き込み、死にそうな思いをする。でも今はこんなときの解決法がわかっている全然心配していない。私にピッタリの薬がわかっているからだ。それは、のどの炎症を押さえて、咳を鎮めるTuseran(トゥーセラン)と、風邪全般の万能薬Neozep(ネオセップ)を飲めばいいのだ。そうすると、40度以上あった熱がわずか1時間あまりで36度台の自分の平熱に戻ってしまうのだ。始めは驚いた。しかし、今ではこれが私に安心感を与えている。

 これらの風邪薬にとどまらず、フィリピンの薬は、みんな飲み込むのが大変なほど、大きな錠剤やカプセル型のものが多く、ともかくやたらとよく効くのだ。不覚にも名前を忘れてしまったのだが、水あたりして下痢になったときの下痢止めも、飲めばピタッという代物だった。
 でもそんなによく効くということは、きっと副作用も強いのではないだろうか?
 フィリピンの市販薬、こんなに効きすぎちゃっていいのだろうか?

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
醤油でダイエットに失敗?!
醤油は大豆、麦、食塩を原料にした発酵調味料です http://hadron.thriftystmartin.com/
【2008/10/14 14:49】 URL | #- [ 編集]

レディースインナー
レディースインナーを探すなら http://www.leslieshomes.com/100433/100442/
【2008/09/17 19:00】 URL | #- [ 編集]

フルーツ・果物
フルーツ・果物を探すなら http://www.mizusumashi-net.org/100227/100246/
【2008/09/12 18:34】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://irashinya5254.blog28.fc2.com/tb.php/106-62560fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。