FC2ブログ
フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也のフィリピン・サリサリ・トーク
『旅の指さし会話帳フィリピン編』などの著者として知られる、フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也がフィリピン語やフィリピンの現代文化について楽しく紹介する、フィリピン・フリークのためのブログ。
プロフィール

白野慎也

Author:白野慎也
フィリピン好きな方、気軽に立ち寄ってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

たしなみ深いフィリピン人妻 vs 心の広い日本人妻

Sさんは、私の古い知人の一人。昔はシャイなロマンティストだったのですが、会社員となって、バンコク赴任になってからは、天賦の才能(?)が開花、今では札付きのスケベ中年男になりました。  、sさんは、日本人の妻子のある身ながら、バンコクでは遊興を三昧(ざんまい)。、キックボクサーのカレシのいるタイ人女性とも関係を持って、まともに顔を出して外を歩けないため、外出時はいつもサングラスをかけているとか。  そんな彼も、勤め人の身、赴任が明けて、泣く泣く日本に帰国となったわけですが、バンコクの酒池肉林のバラ色の日々が忘れられないらしく、今でもしばしば、仕事にかこつけてバンコク桃色行脚を続けているそうです。  感心したのは、そんな行脚を繰り返しているうち、バンコク行きの見え透いた言い訳などみんなお見通しの奥さんは、「変な病気だけは気をつけてね」と言って、コンドームを一箱渡してくれたそうです。 力なく、それを受け取ったSさんは、そのとき強い妻の愛情を感じたということです。 それで、Sさんは自分の行動を悔い改めたか・・・と言うと、決してそんなことはなく、「俺の女房は最高に理解があるから・・・・」とますます遊びはお盛んだとか。  このSさんの奥さんには、心の広さというか、懐が深さみたいなものを感じるとともに、フィリピン人の奥さんなら・・・絶対ありえないよなあ、と思った次第です。  なにしろ、フィリピン人奥さんは、旦那さんの浮気をきびしく管理するのは『良妻』の義務と思っているようなフシもありますから。当然秘密の夜はおろか、仕事のあと同僚と一杯というのも中々許されません。何の罪がなくても、疑いを持たれただけでひどい目にあいますからね。  それにしても、Sさんの行く末も心配です。タイ人女性も、気性は激しいと聞いています。また、タイでは死因の上位に『事故死』があると聞きました。客観的に見て、Sさんは、まともな死に方(天命を全うする)はできないかもしれません。只々、無事を祈るばかりです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ソフトボール
ソフトボールを探すなら http://www.karakustr.com/101070/202652/
【2008/10/08 21:42】 URL | #- [ 編集]

カーボンナノチューブ技術で30代,40代の転職
カーボンナノチューブとは、網目状の炭素(カーボン)が、直径0.4~100nm(ナノメートル)の極めて微小な円筒状(チューブ)になったもの http://fast.misterblackband.com/
【2008/09/07 06:23】 URL | #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/03/26 19:10】 | # [ 編集]


ALUさん、はじめまして。私のブログをお訪ねいただきましてありがとうございます。ごていねいなコメントありがとうございます。駐在員日記拝見いたしました。まだマニラに駐在でいらっしゃいますか? うらやましい限りです。私も早く、永住したいと思っておりますが、今のところ、難しそうでございます。また、弊著への過分なご賛辞をいただきましてありがとうございます。
 さて、こちらのFC2ブログは、ヤフーにメインブログを持っております。そちらは、毎日更新しておりますので、お訪ねいただければ幸いに存じます。http://blogs.yahoo.co.jp/shinya_hakuno1961
 、今後ともよろしくお願いいたします。
フィリピン・カルチャー・ウォッチャー
 白野慎也
*また、ヤフーブログをお訪ねいただきければ幸いに存じます。よろしくお願いいたします。お待ちしております。
【2005/11/18 08:26】 URL | 白野慎也 #- [ 編集]


はじめまして白野さん、ハンドルネームALUと申します。
小生フィリピン駐在員として7年目となったある日系企業に勤める者です。
「哀楽駐在員ブログ」というサイトを開いています。
当地においては私もスケベ中年の一人であります!?
それにしてもほんとにこちらの女性は嫉妬深いというか、
日本人には理解出来ない思考を持っていますね。
これは誰に聞いても同じです。
これに限らず思考の違いは国が違うので
合わせようがありません。
仕事でもこの食い違いの連続、といった感じです。
それはそうと、私も白野さんの著書「旅の指さし会話帳フィリピン編」を愛読させてもらっています。
惜しむらくは私はLOLOのせいか頭の回転がにぶくなっており
なかなか覚えられません・・・・
しかし、事あるごとに活用させて頂いてます。
私の友人でフィリピン在住20年、タガログ語に堪能な方がおり、
その方に頂いたのですが、その友人が言うには
今まで有る辞書はいいかげんなものが多かったが
この「旅の~」はまったく完璧でスゴイ!
との事でした。
さて、長々とすみません、
これからも益々がんばって頂きたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。
【2005/11/18 03:09】 URL | ALU #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://irashinya5254.blog28.fc2.com/tb.php/112-14328462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する