FC2ブログ
フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也のフィリピン・サリサリ・トーク
『旅の指さし会話帳フィリピン編』などの著者として知られる、フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也がフィリピン語やフィリピンの現代文化について楽しく紹介する、フィリピン・フリークのためのブログ。
プロフィール

白野慎也

Author:白野慎也
フィリピン好きな方、気軽に立ち寄ってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしいあの子からの手紙
「ディグナっていうコから手紙が来てるけど、知ってる?」と、私の著作物の制作・発売元のアドマーズ社の社長からの自宅への突然の電話。ウーン、覚えてないなぁ。どこで知り合ったコだろう? 友だちや彼女なら、自宅や携帯に連絡があるはずなんだけどなぁ。だけど誰だか知りたい。それで私は社長に頼みました。「ちょっと封筒を開けて手紙を音読してくれない?」。「おれタガログできないよ」と社長。「ローマ字読みでいいから読んでみて」と私。「しかたないなあ」というわけで、たどたどしく社長が手紙を読んでくれるうちに、何人かのフィリピーナの顔が脳裏をよぎるのですが、特定できません。そんな時、「あれ、写真が入ってるぞ。これは誰がどう見ても東京ディズニーランドのシンデレラ城の前で取った写真だな」と社長の一言。これが決めてだった。どの店でどんな状況で出会ったコかが一気に判明。タガログ語の生徒さんに何度も誘われていっしょに行ったフィリピン・パブで「一目会ったその日からお互い感じ合ってしまったあのコ」なのでした。わかりやすい内容なのでそのまま明日のブログで公開します。遠距離恋愛で苦労している方々に手紙のサンプルとして参考にしていただければ幸いです。ではまた明日。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://irashinya5254.blog28.fc2.com/tb.php/25-a7f9552b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。