FC2ブログ
フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也のフィリピン・サリサリ・トーク
『旅の指さし会話帳フィリピン編』などの著者として知られる、フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也がフィリピン語やフィリピンの現代文化について楽しく紹介する、フィリピン・フリークのためのブログ。
プロフィール

白野慎也

Author:白野慎也
フィリピン好きな方、気軽に立ち寄ってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン語、フィリピノ語、タガログ語?
『フィリピン語』、『フィリピノ語』、『タガログ語』。みなさんはフィリピンの言葉に言及するときどの用語をお使いでしょうか? 
 Pilipino(Filipino)は1987年のフィリピンの憲法改定で、フィリピンの国語と定められたものです。私が今、あえてローマ字書きしたのは理由があります。Filipinoだけで、英語で『フィリピンの言葉』または『フィリピン人』を表します。ですから『フィリピノ語』という表現は、フィリピン語語というのと同じで、明らかにおかしいと思うのですが、この表現が世の中には蔓延しています。ですから、私は自ら表現するときは必ず『フィリピン語』と言うようにしています。
 『フィリピン語』は中部ルソンで話されている『タガログ語』をベースに数あるフィリピンの地方語や英語・スペイン語など外国語を取り入れて作り上げられつつあるフィリピンの国語です。したがって『タガログ語』と『フィリピン語』は実態はほとんど同じなのですが、『タガログ語』と言った場合は、ルソン島中部のローカル言語というニュアンスが強くなります。
 テレビや映画、ラジオの普及の影響で『フィリピン語』は本当にフィリピン全土で広く通じるようになりました。セブアノ語圏でもかなり通じるな、というのが今年私が3週間、フィリピン全土を取材旅行したときの実感です。
 しかし、セブアノ語圏の恋人や友人がいたり、そこを本拠地に活動する方には『セブアノ語』は絶対できた方が得です。人々と深い心の交流ができます。したがって、結論的には、英語・フィリピン語とみなさんの親しいフィリピン人の地元の言葉の3刀流、トライリンガルを目指せばいいわけです。
 かく言う私も『セブアノ語』はまったくの初心者で、今年は私にとって『セブアノ語元年』です。みなさんの意中の方の地元の言葉は何でしょうか?
 いやー、言葉を勉強するって本当に楽しいですね。では今日はこの辺で失礼します。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://irashinya5254.blog28.fc2.com/tb.php/33-9a03fbbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。