FC2ブログ
フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也のフィリピン・サリサリ・トーク
『旅の指さし会話帳フィリピン編』などの著者として知られる、フィリピン・カルチャー・ウォッチャー白野慎也がフィリピン語やフィリピンの現代文化について楽しく紹介する、フィリピン・フリークのためのブログ。
プロフィール

白野慎也

Author:白野慎也
フィリピン好きな方、気軽に立ち寄ってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤチャンからのアドバイス~フィリピン語スピード学習の決め手
私は今年5月、『旅の指さし会話帳フィリピン』の改訂版作りのため、フィリピンを取材力したのですが、その際思いもかけず、ヤチャンにお目にかかることができました。実質6ヶ月でフィリピン語を身につけたヤッチャンの秘密、僕も非常に興味があり、インタビューさせてもらいました。その詳細は弊著『旅の指さし会話帳(14)フィリピン(第2版)』( http://www.admars.co.jp/tgs/yubisashi.htm )に掲載されていますが、ここにその全文をご紹介しましょう。
 
★スピード学習の決めて:YACHANG(ヤチャン)のアドバイス

 YACHANGの本名は山口泰明(やまぐち やすあき)。フィリピンの芸能界で活躍する人気日本人コメディアンだ。フィリピンの人気ダンスユニット”SEX BOMB”のメンバーの一人に魅せられて2003年、フィリピンに住み始め、2004年6月に知り合いのコメディアンから「スタジオに遊びに来ないか」と誘われて本人も知らぬ間にはめられて参加したタレント発掘オーデションにパス。トントン拍子にコトが運んで文字通り彗星のようにフィリピンの芸能界デビュー。以後、テレビ番組をメインに、テレビ・ラジオコマーシャル、全国コンサートツアー、コメディ・バーでのパフォーマンスなど幅広い分野でちょっと怪しいが流暢なフィリピンを駆使してフィリピン人を笑わせ続けている。今後は映画出演も視野に入れて夢はどんどん広がっていく。そんなヤチャンに移住以来わずか2年(実質半年)でフィリピン人のようにフィリピン語を話せるようになった秘訣を聞いてみたのでそのエッセンスを紹介しよう。
 「一番いい方法はフィリピンに1ヶ月暮らすことです。フィリピンにいて日本語のできないフィリピン人に囲まれて過ごすとごく短期間で上達します」。ウーンごもっとも。しかし仕事を持った普通の日本人が1ヶ月仕事を休んでフィリピンに滞在するのは大変なことだ。それで日本にいてフィリピン語を学習するみなさんへのアドバイスをもらった。

①文法はあとまわし。単語をどんどん覚えよう。
まったく同感。フィリピン語は本気で勉強しようとするとかなり緻密で骨の折れる言葉だ。単語を並べるだけでもかなり意思の疎通は計れるもの。まずは単語を覚えて音に慣れ、それから文法を勉強して身についた知識を体系付けていこうという方法論である。

②遊んで覚えよう
楽しくやることは何事につけても長続きするポイントだ。

③教えてもらうことをコミュニケーションの機会と考えよう
 YACHANGは自分の知っている単語、知らない単語をまわりのフィリピン人に何度も何度も発音してもらい、時には紙に書いてもらって確認を怠らない。そして自分自身、フィリピン語ができない(不完全である)からこそ、教えてもらうことによってそこにコミュニケーションの機会が生まれると考えている。こうした教えてもらう式学習の効果は自分をどれだけフィリピン語の世界に追い込めるかにかかっている。日本語や英語に逃げずにいつも「フィリピン語なら何ていうのだろう」を追求し続けることだ。

④完璧に話そうと思わないこと
日本人学習者が発音で苦労するのはngとnの区別、そしてLとRの区別である。YACHANGもかつて苦労したが、克服した。しかし今でもあえてきちんと発音しないことがあるという。ちょっと不完全なフィリピン語を売り物にするYACHANGの芸風なのだ。芸の世界は深い。脱帽。それとは別な意味でも完璧主義は外国語学習の大敵だ。最終的に完璧を目指すのは大いに結構だが、初心者が始めから完璧主義に陥ると、ひとつ理解できないことがあればそこで先に進まなくなってしまうからだ。「木を見て森を見ず」ということわざがある。こまごまとしたことはあえてかまわず、まずフィリピン語の輪郭(全体像)を捕らえよう。つづりや発音、文法上の細かいことにこだわって学習するのはそれからだ。

 そんな心構えを胸にYACHANGは努力を重ね、何と半年間でフィリピン語の日常会話をマスターしてしまったということである。ここで言う日常会話とは、「こんにちは」、「さようなら」というあいさつや決まり文句だけでなく、「世間話」や「愚痴」、「友人の問題の相談に乗る」、「テレビ番組の打ち合わせ」といった、芸能人としての日常生活のほとんどをフィリピン語でこなすことができるという意味だ。おはようからおやすみまで、そして時には夢までフィリピン語で。すごい! 本書を手にした皆さんは半年後どれだけフィリピン語の達人になっているか? 自信のある方はYACHANGに挑戦してみては? 素顔のYACHANGに会いたい方は( http://yachang.ph )にアクセスしてみよう。いつでも彼の素敵な笑顔にあえるぞ。フィリピン芸能界の日本代表YACHANG頑張れ!

 ということで、フィリピン語学習に取り組む方々の何か参考にしていただければ幸いです。
ヒアリングマラソン
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://irashinya5254.blog28.fc2.com/tb.php/75-4368b64b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。